婚約指輪の基本を知ろう。ダイヤモンドの選び方とは?


婚約指輪にはダイヤモンドがおすすめ

婚約指輪とは、プロポーズの際男性から女性に渡す指輪のこと。近年ではプロポーズの後二人で買いに行くというカップルも増えています。やはり女性にとっては憧れの指輪と言えるでしょう。婚約指輪にはダイヤモンドがあしらわれていることが多いですが、これはダイヤが地上で最も堅い鉱物であり、傷付かず永遠に輝き続けることから「変わらない愛を誓う」という意味を持たせるのにぴったりの石だからです。

ダイヤの価値は4つのCで決まる

婚約指輪には、やはり質の良いダイヤモンドを選びたいところ。ダイヤモンドの質は「4つのC」で決まります。大きさを表す「カラット(Carat)」、色を表す「カラー(Color)」、透明度を表す「クラリティ(Clarity)」、そして輝きを左右する「カット(Cut)」です。4つのCのうち、カットだけは人間の手によって石に与えられ、他の3つは石そのものが持っている個性です。1カラットは0.2グラムのことで、大きければそれだけ価値が高くなります。

大切なのはバランスを取ること

婚約指輪のダイヤモンドを決めるときは、4Cのバランスを取ることが大切です。いくら大きなダイヤモンドでも、色味が黄色がかっていたり、肉眼でも確認できるような不純物が含まれているようでは、ダイヤモンド本来の美しさや輝きが損なわれてしまいます。何より、人生の大舞台に相応しい指輪ではなくなってしまうでしょう。だからといってカットやカラーにこだわりすぎて石が小さくなってしまうと、見た目がどうしても寂しくなってしまいます。店員さんの力も借りながら、バランスの良い物を選びましょう。

エンゲージリングの銀座エリアの店を探すには、銀座駅や東銀座駅の周辺に行くと多数あります。無休で19時以降も営業する所が殆どで、休日でも仕事帰りでも立ち寄り易いです。