日本で販売されている電子タバコはニコチンが含まれていないってホント!?


ニコチンが含まれていないから禁煙グッズにもなる!

電子タバコは世界各国で販売されていて、その多くがリキッドの中にニコチンが含まれています。一方、日本の場合は薬事法により電子タバコは医薬品として扱われていますので、市販されている商品は基本的にニコチンが含まれていません。そのため、日本で販売されている電子タバコは、通常の紙巻タバコを辞めるためのグッズとしても使えます。紙巻タバコは税金でどんどん値上がりしてきた歴史があり、人によってはお金の問題で辞めたいと思う方も多いです。そんな時は電子タバコを購入して喫煙に挑戦してみましょう。電子タバコは、紙巻タバコのように吸って使いますし、色々なフレーバーが用意されているので、紙巻タバコを吸いたい欲求を緩和するのにちょうど良かったりします。

電子タバコはニコチン以外にもタールが含まれない!?

更に日本で販売されている電子タバコはタールも含まれていないのもポイントです。タールとは紙巻タバコに火をつけて燃焼させると発生する物質です。厳密には煙に含まれる一酸化炭素を除く物質等がタールとされ、そこにはニコチンも含まれていたりします。そして、タールは人体にとって有害な物質が含まれているので、紙巻きタバコを吸うときに気になる人もいます。電子タバコはタバコの葉っぱに火をつけて燃焼させるものではなく、水蒸気を吸うのでそのようなタールの心配は基本的に要りません。販売されている電子タバコの中には、ニコチンとタールゼロを謳っている商品もあり、それらの二つの物質が気になる方にとって電子タバコはメリットがあります。

初心者でも安心して使えるvapeのおすすめは、吸いごたえがあって味が濃厚なものです。また好みに応じてフレーバーを付けることも出来ます。