通常のタバコを電子タバコに切り替えることで得られる効果


電子タバコを活用することで禁煙できる可能性がアップ

通常のタバコにはニコチンが含まれています。ニコチンには強い依存性があり、依存症になるとニコチンを摂取したくてたまらなくなってしまいます。ニコチンは多くの喫煙者の禁煙を阻む大きな壁となっているのです。一方、電子タバコにはニコチンが含まれていません。禁煙を考えるなら通常のタバコの代わりに電子タバコを吸ってみましょう。電子タバコにすることで依存症の症状の気を紛らわすことができますし、通常のタバコと違い電子タバコならタバコをやめようと思った時にすんなりやめられるかもしれません。

自分や家族の健康を守ることができる

通常のタバコには200種類以上の有害物質が入っています。有害物質の中で特に危険なのがタールです。タールには発がん性物質が含まれています。タールはがんの発生を促し、吸い続けることで喫煙者の肺は黒く染まっていってしまうのです。タバコは吸っている本人だけでなく、周りの人にも悪影響を及ぼします。人が吸っているタバコの煙を吸うことを受動喫煙と言い、受動喫煙はがんや脳卒中、呼吸器疾患など、様々な病気のリスクを高めることがわかっています。電子タバコにはタールが含まれていません。通常のタバコから電子タバコに切り替えることで、自分の健康や家族の健康を守ることに繋がります。

月々の費用を抑えることができる

通常のタバコの場合、一日一箱が平均的な消費量になります。一箱500円程度なので、月々の費用は15000円ほどになるでしょう。一方、電子タバコは一ヶ月でリキッドを15mlほど消費します。リキッド費用は15mlで1500円~2000円となるので、通常タバコよりも月々の費用が安いです。電子タバコを吸うためには道具を一式揃える必要があり初期投資がかかりますが、長い目で見れば電子タバコの方が費用面で大分お得です。

ニコチンリキッドとは、電子たばこであるVAPEを吸うための液体にニコチンが添加されたものを言います。液体を気化して、その水蒸気を楽しみます。