内祝いになにを送る!?喜ばれるのはカタログギフト!


間違えやすい、内祝いとは?

内祝いとは、身内でおめでたいことが起こった時に、親戚やお世話になった人と喜びを分かち合うことです。「御返し」とは違うので注意が必要です。お祝いをもらってなくても渡すものなので、「御返し」という言葉は避けてください。失礼に当たってしまいます。「もらったもののお礼ではない」と認識しておけば大丈夫ですね。そして内祝いとは「お祝い事」なので、渡すものにも注意が必要です。では、どのようなものを贈るのが喜ばれるのでしょうか。

内祝いに渡すと喜ばれるものは?

まず、内祝いには「消え物」を贈るのが一般的です。例えば食品や日用品ですね。誰もが使うもの、好き嫌いの少ないものが良いとされます。贈る相手の年齢や好みも異なるので、年齢性別問わず気軽に使えるものがいいですね。しかし仏事に使うものや、ハンカチなどは「死」「別れ」をイメージさせるので避けてください。趣味や好みがわかっていれば贈りやすいですが、なかなか難しいと思います。そんなときにおすすめなのがカタログギフトです。カタログギフトであれば贈られた人が、自分の好きなタイミングでほしいものを探すことができます。カタログギフトはどのような内祝いにも適しているものが多いので使いやすいですね。ただし注意点はカタログギフトには有効期限があるものが多いという点です。忙しい人だと「後で見よう」「そのうち出そう」と思っている間に期限が切れてしまった、ということもあります。有効期限のないカタログギフトも今では出ているので、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

ギフト選びに悩む場合にはカタログギフトが便利です。価格やジャンルなどから欲しい物を贈られた側が選べるようになっています。